ピックは必ず使う。

スクリーナーがピックにきて、それを使わない場面がこん大会何回か見受けられた。ここで言う「使わない」とは、ボールを持っている人間がドリブルもなにもせずに逆サイドにパスしてしまうことを指す。このプレーだけは辞めたほうがいい。

暗黙知(頭の中に感覚としてあるが具現化できないこと)とまではいかないまでも、僕はこれをうまく説明することはできない。が、例えてみるならばピックスクリーンとは、義理の母親の料理だろうか。その心は、全く手をつけないのは失礼に値する。うーん、なんの説明にもなっていない。

あ、わかった。

ピックスクリーンがあった場面、まわりの人間は、とりあえずなにかしらのアクションがあるものと考える。それはたぶん、通常の1on1の状態よりも何倍も強く。それなのになんのアクションも起きずにこちらにパスされると、その想定の分タイミングがズレてしまうのではないか。そのように思う。

スクリーンに来てドリブルまでの間は一定時間あいていい。ただ、スクリーンは必ず使おう。どういう形であったとしても。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s