ピンチとチャンス

流れを感じる。

ってのはそんなに難しいことじゃないようです。昔NBAやJBLの試合をみるときに、必ず試合終了から遡ってみるようにした時期がありました。すると見えてくるんです、ターニングポイントが。

負けチームは、決まって自ら崩れます。しかも大概は流れがよいときにそれが起こるんです。試合が決まるというときに限ってフリースローをポッと外す。速攻のレイアップをポッと外す。ノーマークのシュートをポッと外す。DRCが北信越クラブでグラウジーズに負けた試合もそうでした。アンスポでもらったフリースローを、確か中川か誰かが外したんです。そこから連続ターンオーバー。流れを完全に失いました。

ピンチのあとにチャンスあり、とはよく言いますが、チャンスを逃すとピンチになるのも間違いなさそうです。

なんでかな〜。その原因はいまでもはっきりわからないんですが、流れとはそういうもののようです。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s