知識、大胆さ、意外性

ご存知の通り、僕のロデオでの役目はコーチです。僕がロデオのコーチとしてやること、みんなが僕に望んでいることってのは、ロデオを、選手を幸せに導くことです。できる限り(みんなが)ラクに。そして鮮やかに。そのために僕には当然その技量が必要です。それっていのは「判断するための確かな基準」てやつだと思っています。選手を見抜く確かな目ってやつです。

知識と大胆さと意外性。

この三点でいまの僕は選手を判断します。「知識」とは単純にプレーに対する選択肢の量です。定石ですね。これをいかに多く知っているか。「大胆さ」は、知識をもった上で、それをどう選択するのか。その大胆さ、選びっぷりです。最後に「意外性」です。要はその人のプレーがアイデアフルであること。魅せるプレーが期待できる、なんかよくわかんないけど、その気配がするって感じがコッチ(見てる側)にする。これがない選手はあきません。とりあえずプロには絶対にはなれないorなったらアカンやろ!って僕は(自分を戒める意味で)思うとります。

以上の三点、正直、ロデオの選手はどの点もここ数ヶ月、かーなりレベアップしてきているように感じます。なるべく自分というプレーヤーを大きくまとめるという意味でも、できればまずは知識の部分に注力してください。バスケットの定石を、練習の中できちんとに認識するようにしてください。特にロデオはラリー中心なので、その心得がとても大切になってきます。よしきが言うように、毎回の練習を与えられた課題をクリアするために行い、あと一ヶ月しかないけど、もうひとつ上積みできるようにしていきましょう!

ではまた明日。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s