関東大学バスケットボール選手権のこと

東海と青学の試合は、観ていて試合が終わるのがあっという間だった。(シュートは全然入らんかったけど)引き締まったナイスゲームだった。

ノモトもフジナガももう3回生か。早いもんだ。ふたりとも決勝はイマイチだったけど、中心選手として活躍してほしいな。

で、今回の3試合をいかにロデオに生かすか、だけど、ロデオとして一番参考になるのは、拓殖かなと感じています。シューター軍団+最強バンバという構図が、ロデオのシューター軍団+虎に被る、、、ような被らないような。筑波はひとつ力が落ちる印象だし、東海はインサイド、青学はオールラウンダー軍団で、ロデオとちょっと違う。個人的にこの4チームの中では拓殖が一番みていて面白いです。チームメイトにバンバみたいなのがいたら、どんなんやろか。面白いやろなー。あとやっぱ拓殖のガード陣の得点能力がすごい。池内さんが藤枝の流れをうまく大学に持ってこれているようだ。

で、コーチ目線では、青学長谷川監督のタイムアウトのタイミングに驚き。早い。あんなタイミングでオフィシャルに要求できん。きちんと次のプレーを予測されているだなと感嘆。東海でのゾーンも、もしベンドのシュートが入っていたらその後はどんな策を考えていたんやろか、、、。改めて、ただのメガネのおっさんではないな。

最後に。審判の笛が鳴らんなー。福井ならピッピピッピなってる。鵤のベンドへのブロックなんて完全にファールじゃないのか?!うーん。レベルが高いです。もうよくわからん。結局は、福井の笛に合わせるしかないんだけどね。

またみなさんにDVDまわしまーす。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s