今日の練習にむけて

みなさん、今回の意見頂戴のご協力、誠にありがとうございました。説明不足の点や改善点など、的確に指摘してもらいました。谷口には内容のは確認中です。彼からの返答の前に、説明不足の点については、今日は練習もありますのでさっそく回答します。

▶まず、オフェンスです
先日ドリブルドライブモーションを伝授させて頂きました。その際に何を学ぶか?をはっきりさせていなかったため、誤認をさせてしまったところがあったようです。その点、再度確認します。

今年のロデオはポッキーさん、友田さんの不在から、他チームと比較して大変なスモールラインナップです。よって、アウトサイドのシュートが入らないと、なかなか勝つことは難しいかな・・・と。これまでと同じ感覚でプレーしていては試合になりません。そこで、どうすればアウトサイドシュートを確率高く決めることができるのか?を考えました。その結果として、ドリブルドライブモーションという手法に行き着いたわけです。

ドリブルモーションで徹底的に学ぶんでほしい点は「距離感」です。このところのロデオは、スペースが狭く、上手く攻めれないことが多くありました。その改善を考える上で非常に参考になるのが、工大クラブです。4アウト1センターの陣形で、選手の距離感は非常に広く取られています。結果、ヘルプにってもキックアウトされた際には、シュートチェックに戻れません。さらに工大クラブはスクリーンもうまく、選手の距離が広い上にスクリーンで妨害されたら、守りようがありません。石川ナンバーワンの座に毎年君臨するには、それなりの理由があるのです。その素晴らしい技術を、ロデオも各人が習得してほしいと思っています。

距離感に注意しながらも、動きの中で瞬間的に距離感が短くなることは当然出てきます。というかその収縮と膨張をうまく使って、相手を翻弄するのが、ドリブルドライブモーションの最大の狙いです。よって、いくら距離感をとることが大事だとは言え、ステイし過ぎることはよくありません。そこが難しいところです。できればなその裁量を、ひとつひとつお教えしたい。しかしそれをひとつひとつ教えている時間は、残念ながらロデオにはありません。加えて、そののりしろ部分こそ、個人の特徴(良さ)が出るところだと考えています。大切なことは、各人がビデオを見て、練習をしながら、確認することです。これまでのビデオを見なおしていますか?これまで自分がどこでなにがうまくいかなかったか、理解できていますか?その確認は、ハードな練習と同じくらい大事だと考えています。

次に、先日もブログにアップしましたが、以上はあくまでもハーフコートでの話です。バスケットで最も理想的な得点方法は速攻です。「8割はハーフコートの得点」と書きました。裏を返せば2割は速攻の得点がほしい・・・ということ。練習ではどうしても戦術的、策略的、実践的な話に偏ります。部活動ではないので、「速攻が出せないと勝てない」などといった基本的な内容を題材にしている時間は、なかなかありません。「全力でやろう」「声を出そう」といったことも同じです。明らかにそこに原因がある場合は、取り繕えばいいのかもしれませんが、そこは厳しい判断(メンバーチェンジなど)をもって対処するしかないのが、現状です。

▶次にディフェンスです。
昨年のDRC戦で、ヘルプに簡単によりすぎるから、ローテーションの保証もないのに、ヘルプにいってはダメだ。と説明しました。その指示のせいで、迷いを生じさせているかもしれません。特に野生児ひろしや、脅威の能力ポッキーさんに余計なことを考えさせすぎていると反省しています。

まずボールマンディフェンスは「リング方向に」抜かれないこと。これは大前提です。これをされたらローテーションどころの話ではありません。ボールマンディフェンスは、ペイントエリアに入れさせないことです(理想はコースに入ること)。もし抜かれてきたら、ローテーションできるカバーが自分の後ろにいるか確認してから、ヘルプに出ましょう。もしその選手がいないのであれば、アウトナンバーですから「ヘジテーション」をします。必ずしましょう。かつ、その確認を怠ることもいけません。

よいディフェンスの鍵は、徹底的にボールマンにプレッシャーをかけられるかです。「ボールマンプレッシャーをかけると抜かれる」というのは誤解です。ボールマンに適切なプレッシャーをかければかけるほど、ドライブされにくくなります。中途半端なディフェンスこそ、最も抜かれやすいディフェンスです。ヘルプを前提にするのではなく、自分が必ずシャットダウンする。そのような気持ちをもってディフェンスしてください。

ローテーションの方法は、今後練習していきます。前日は、インサイドに対するシャドーディフェンスを練習しました。僕が練習にいけないことも多く、内容を忘れさせてしまうかもしれません。都合のよいお願いだとは思っていますが、日頃のラリーの中でそのことを確認することは忘れないでください。

以上、確認だけ宜しくお願いします。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s