顔面フィードバック仮説

顔の表情は本人の精神や身体の状態にも影響を与える ── 。

これを「顔面フィードバック」と呼ぶ。検証するには様々な実験的な困難があるが、顔面フィードバック仮説を支持するデータは多い。とりわけ、独マンハイム大学のステッペル博士が行った「笑顔に似た表情を強制的に作ると感情もポジティブになる」という実験は代表例としてよく取り上げられる。

いかなるときも、いい顔をしてプレーをする。それは一流選手の譲れない条件である。相手・味方含め、他人の言動に心を狂わせられてはいけない。そして、自分の下手さにも心狂わせてはいけない。自分に厳しい人間は、自分の下手さなどで顔色を変えない。それは人間に甘い人間がすることである。そして、そういう人間は、得てして他人には厳しいものだ。

てなことを書いてあった本を読んで、あぁ~と思いました。なんと厳しいお言葉でしょうか。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s