ヤラレマトメ

ヤラレ特集をひと通りみていくと、修正点はいくつかに絞られるようです。

 

【オフェンス】

  1. まずは、ボールマンディフェンスは方向付けしている方には抜かれない。
  2. 2線目は、ボールマンディフェンスが縦に抜かれることを想定してカバーディフェンスの準備をしておく。
  3. ボールを奪いにいくときにはどうしてもボールマンディフェンスのギャンブル性が高くなるので、積極的にカバーディフェンスからローテーションをはかる。
  4. スクリーン時は、コミュニケーションを確実にして、スクリーンとユーザーの考えを先読みして、ボールを最優先に守る。
  5. 特にペイントエリアでは相手によいリズムで繋がせない。
  6. インサイドのカバー、特に同じサイドのボールマンは、カバーによるのか、ちょっかいを出すだけなのか、はっきりする。
  7. ポジション移動(カバー、Wチーム、ローテーション)時はムダ足をなくす。最小歩数で、最短距離を移動する。
  8. 相手の速攻時にこそ、こっちは受け身にならない。積極的にプレッシャーをかける。

 

【ディフェンス】

  1. 速攻での、イージーシュートは確実に決める。
  2. 外れることを想定して、速攻に参加していないメンバーは、セーフティーに備えるか、セカンドプレイクに参加するかの判断をはっきりさせる。
  3. セーフティーを確実に配置する。
  4. 相手の次のプレーをイメージしながら、パスをする。自分勝手にパスしてしまわない。

 

【習慣】

  • ボールラインの確認。
  • 奪うと守るのチーム全体の共通理解、状況確認とローテーションの予測。
  • セーフティーによるリスクの管理(チャンスのあとにピンチあり)。
  • 日頃からラン&シュートで、速攻のシュートの確実性を高める。

 

【検討項目】

  • 1線目の方向付け、2線目のつき方に関しては浅野氏と相談・検討して、チームで再定義、確認する。どっかの組織みたいに統一していることは隠さない。w

 

以上です。これ、できるようになったら、相当強くなるんでない?

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s