パッシングの原則 その5

パッシングオフェンスは基本的なオフェンスである。オーソドックスなオフェンスである。奇をてらったオフェンスなんかでない。ただの基本通りのザ・バスケットなオフェンスである。故に、それに用いるスキルも基本スキルである。誰でも最初に習うようなことである。しかし、いつからかそれをないがしろにする。バスケットだけでなく、人間って生き物はそういう生き物のようだ。だから先人たちはいつもこう言った「初心忘るるべからず」。基本を見直すことがレベルアップのきっかけになったりするものだ。今回は3つの基本的項目をおさらいする。

1)ボールミートは、昔から変わることのない「最善の」オフェンスである

ボールミートは3種類あって、パッサーに近づくミート(以下プラスX(エックス)のミートと言う)と、パッサーから遠のくミート(以下マイナスXのミートを言う)と、横にズレるミートの3つがある。ミートの種類がどうのこうのってのはどうでもいい話で、それよりも「毎回適切なボールミートができているか」それが肝心だ。ボールミートは小さい頃から指導されている内容であるから、どうしても大人になるとお座なりになる。しかし、ボールをレシーブしてからいざディフェンスをズラそうとするより、ボールをレシーブしながらディフェンスをズらしたほうが簡単にディフェンスを抜けわけで、大人だろうが子どもだろうが使わない手はない。多田ツバサや谷口ノリタカ、寺島や内江がなぜいまだにうまいか、あの体でいいプレーができたり、得点できるのか?その答えは彼らのボールミートにある。いつも的確で、基本通りのボールミートをする。それが彼らの強みで、それを真似することはとてもよいことだと思う。他の行い(人間としての行い)はよすほうがいいが、彼らのボールミートだけは真似する価値ありだ!

2)視野を確保し、相手の急所をつく

「顔をあげろ」。ドリブル練習の際、昔から口すっぱく言われた言葉だろう。「そういうものだと」思ってはいるが、「なぜそうしないといけないのか」は正確には教えられていない。(昔の指導ってのはそういうのが多いよね)。顔をあげて視野を確保することは、抜いたあとの対応のために必要不可欠だ。年々、ヘルプディフェンスのよりのスピードと、その方法は進化している。そんなディフェンスに対して、視野を落とすようなオフェンスをしてしっては太刀打ちできない。ドライブで相手を抜くときは、予測と視野の両方を確実にもって、相手の急所(リングに近い点、線)をより少ない動作で突こう!これらはシンプルな考え方で簡単そうだが、ディフェンスのプレッシャーが強くなればなるほど難しくなる。(後から振り返ると簡単なことなのにね!)。日々の正しいボールハンドリング練習でもって、対人練習の際は、必ずこのことに気をつけて練習して頂きたい。

3)ドリブルは1つ、あるいは2つで抜き去る

視野を確保し、急所を見つけたら、そこを最短距離で最短手数で突く!それが続けてできれば、オフェンス有利の状態になり試合展開を優位に進めることができる。最短距離というのはリングとオンボールマンを結ぶ線で「インライン」上を走り抜けることが理想。そのライン上でもって、ドリブルをつかずにシュートにいけるのが理想のフィニッシュプレーだ。もしそれが可能でなければ、なるべくドリブルの数必要ないシュートでフィニッシュしたい。ついても1つか2つのドリブルまでだろう。それ以上にドリブルをつないといけないということは、もはやそれ自体が相手急所を突けていない証拠となる。また、無駄なドリブルをつかないことはミスの軽減にもつながる。このような細かい部分にもこだわってプレーすると、いまの段階からひとつ上のレベルへ到達できることは、間違いない、、、はず。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s