【重要】なぜロデオの得点が15点と36点の開きがあるのか?その原因がわからなければまた同じことを繰り返してしまう!の巻

まいどまいど。

 

さて、みなさん。まず今日は簡単な質問から始めたいと思います。

 

クエスチョン) 自分たちよりも強いチームに対する戦い方と弱いチームに対する戦い方は、同じだと思いますか?

 

・・・そうは思わないでしょう。

 

アンサー) 180°違います。

 

簡単なお話ですが、今日はそれを改めて考えて頂きたい。

これはとても重要なことなので。

そもそも自分たちよりも「強い」「弱い」ってのは、どこで判断するのでしょう。

 

身体能力、シュート力、身長、パワー、、、

 

いろいろ思いつくものはありますが、これらはただの手段です。

 

「強い」相手と対峙したときに僕たちが無意識のうちに恐れること(感じること)は、

そいつ(そのチーム)の「得点能力の高さ」なんです。

 

「こいつ(こいつら)、抑えられる気がしないな・・・」というあの気持ち。

 

「得点能力が高い」と言っても、

ただ単にシュート力が高いというわけではありません。

 

シュートにいくまでの確率も高いということ。

つまりミスが少ない、ということです。

 

対して、弱いチームはシュート確率も低く、ミスも多いです。

では、そのような相手に接戦を演じるにはどうしたらよいでしょう。

 

答えは簡単です。

攻撃回数をコントロールすればよいのです。

 

強い相手には、なるべく攻撃回数を減らす。

弱い相手には、なるべく攻撃回数を増やす。

 

強いチームが攻撃回数を増やすことは簡単なように感じます。

ただそこは、相手も考えてきます。タダでは負けなません。

 

では、ここで

クエスチョン2) 弱いチームが強いチームの攻撃回数を減らすためには、どういう手法をとるでしょう?

 

アンサー) ひとつの方法として、ゾーンディフェンスがあります。

 

ゾーンをして、相手に余計なことを考えさせたい。

 

余計なことを考えれば、ペースダウンすることは間違いない。

さらにアウトサイド中心の攻めになれば、

その日はたまたまシュートが入らないかもしれません!

 

そうなれば、尚更相手はペースダウン、、、作戦大成功!!

 

なわけです。

どうも前回の1Qはそのへんにうまくひっかかってしまったようですね。

 

自分がフリーでもあるのに関わらずパスを探して、結局チャンスを失う。

シュートの本数はガクンと下がり、当然点差も広がらない。

 

ですので、試合開始時点で、得点能力にに差がある場合は

徹底的に本数で圧倒するべきです。

 

こちらのシュートが入らないないとしても、相手も入らない。

それに相手はミスもします。現に今回は相手のミスでかなり助かったはずです。

(1Q以降見ていないのでなんとも言えないけれど、、、)

では逆に自分が弱い立場になったときはどうすればよいか。

 

まずは第一に本数で差が出ることを防ぐこと。

 

そこでリバウンドやターンオーバーが鍵となります。

特に県内での試合では、シュート確率ではなくここの部分で差が出ます。

 

といっても、、、

難しいですよね。

高さがある相手にリバウンドをとられないなんて、、、想像しただけで難しいです。

 

冒頭にあげた、身体能力、シュート力、身長、パワー、、、

これらを手段として、強い相手はどんどん攻めてきます。

 

それに対して弱い相手はというとは、、、。

手がないわけではありませんが、効果が薄いものばかりです。泣

 

改めて、個人の得点能力(得点につなげる能力)がいかに大切かがわかります。

戦術やチームマネジメントなんていうものは、もちろん大切ですが、

所詮は外堀を埋めているだけにすぎません。

 

それでなんとか雨風防ぐこともできますが、

本当に強い相手と対峙した時はなんの意味もありません。悲しいけど。

 

よって、てかやっぱり、

ひとりひとりが「いまの自分の得点能力がどれくらいあるのか」を常に考えることが必要です。

 

チーム対決は、最終的に最小単位の「個人」の差となります。

 

チームを外堀から埋め、ルールや規制でがんじがらめにするのではなく、

内側からその個人が信頼のもとに繋がるっているチームがよいチームの絶対条件です。

信頼を勝ち取るには、まず自分自身の信頼を自分が勝ち取るべきでしょう。

今日の行動が明日の結果を生み出します。

イジョ!!

 

Advertisements

速攻での得点ってどのくらいとればいいの?

20131116-120928.jpg

先日、高校の新人戦が行われました。

武生東高校はベスト8をかけて羽水高校と対戦しました。

結果は惜敗。思った以上に点差も離れイトマン含め武生東はみんなガックリ。

僕も試合にかけつけることができず、電話で結果を聞いて残念でした。

 

その後、イトマン先生に試合の詳細について報告を受けていたときに、

ふとイトマン先生が「速攻って全体のどのくらいがいいんやろうの~」と一言。

僕もそれについては改めて考えてみたいなと思い、

さっそくエルトラック谷口コーチにお電話し、ご教授頂きました。

 

 

みなさん、速攻と一試合の得点ってどのような割合だと思いますか?

 

 

だいたい全体得点の2~3割だそうです。

 

 

ロデオは、粘り強いディフェンスから速攻が強みのひとつですが、

そういうチームでも結果のスタッツからみると、

その割合はあまり変動しないようですね。

 

逆に言うと、全体得点の3割が速攻での得点であれば、

速攻での得点が10点しかなければ、全体得点は30点ほどにしかならないということ、、、

なんです。

 

2割としても、全体の得点は50点。

 

これって結構、リアルな数字のように思います。

 

だから、やっぱり勝つために得点が70点以上ほしいロデオにとって、

速攻での得点は少なくとも20点はほしいということ。

1Q換算で、5点ですね。

目標にするには、よい点数に思います。

 

速攻は得点のバロメーターなんですね。

確かに、速攻がよく出る試合は、得点ものびているような実感がありますね。

反対に、速攻が出ない試合は、得点そのものがのびない。

 

当たり前のような話なのですが、

改めて速攻が勝利のキーポイントなり得ることを学ばせてもらいました。

 

バンバン抜けるようになる3つのポイント

20131113-122454.jpg

1)ディフェンスを抜けるタイミングはいつなのかを知る

抜けるのは、ボールを受けた瞬間、方向を変えた瞬間、タイミング(ペース)を変えた瞬間の3点。

もらいざま、チェンジオブディレクション、チェンジオブペース。

ボールを受けた瞬間に抜くためには、パスをもらう前に相手の位置を把握しておくとよいです。もらい足でスッと、相手を交わしましょう。

最初のアタックについてこられても、方向転換する瞬間がチャンスだから慌てない。相手ディフェンスがコースに入ってきたら、ギャッとチェンジして相手を振り切りましょう。

また、パスが意の位置にこなかった場合は、もらった瞬間に抜く機会は失います。でも大丈夫。相手ディフェンスの目を見ながら、ピポッドをして相手ディフェンスと自分の動作をシンクロさせましょう。シンクロした瞬間、タイミング(ペース)をズラして相手を抜きます。

これらを頭に入れておくだけで、オフェンスはうまく相手ディフェンスを抜くことができるはずです。

2)ディフェンスとの距離を詰める

相手ディフェンスと距離がある状態で、こちらが抜きにかかっても、移動する距離はディフェンスの方が短いので、うまく抜けません。

距離があるのならドリブルで詰めてもよし、もともと詰めた状態でボールを貰うもよし。

そう考えると、プレッシャーの強いディフェンスってのは、うまいオフェンスに対しては、諸刃の剣なのですな。

3)ドリブルで抜けなかったら、パスランで抜く。

ドリブルを止められて、相手ディフェンスがプレッシャーをかけてきたとき。焦らないで、その後のパスランがとても有効なんです。

まさにピンチのあとにチャンスあり。