バンバン抜けるようになる3つのポイント

20131113-122454.jpg

1)ディフェンスを抜けるタイミングはいつなのかを知る

抜けるのは、ボールを受けた瞬間、方向を変えた瞬間、タイミング(ペース)を変えた瞬間の3点。

もらいざま、チェンジオブディレクション、チェンジオブペース。

ボールを受けた瞬間に抜くためには、パスをもらう前に相手の位置を把握しておくとよいです。もらい足でスッと、相手を交わしましょう。

最初のアタックについてこられても、方向転換する瞬間がチャンスだから慌てない。相手ディフェンスがコースに入ってきたら、ギャッとチェンジして相手を振り切りましょう。

また、パスが意の位置にこなかった場合は、もらった瞬間に抜く機会は失います。でも大丈夫。相手ディフェンスの目を見ながら、ピポッドをして相手ディフェンスと自分の動作をシンクロさせましょう。シンクロした瞬間、タイミング(ペース)をズラして相手を抜きます。

これらを頭に入れておくだけで、オフェンスはうまく相手ディフェンスを抜くことができるはずです。

2)ディフェンスとの距離を詰める

相手ディフェンスと距離がある状態で、こちらが抜きにかかっても、移動する距離はディフェンスの方が短いので、うまく抜けません。

距離があるのならドリブルで詰めてもよし、もともと詰めた状態でボールを貰うもよし。

そう考えると、プレッシャーの強いディフェンスってのは、うまいオフェンスに対しては、諸刃の剣なのですな。

3)ドリブルで抜けなかったら、パスランで抜く。

ドリブルを止められて、相手ディフェンスがプレッシャーをかけてきたとき。焦らないで、その後のパスランがとても有効なんです。

まさにピンチのあとにチャンスあり。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s