速攻での得点ってどのくらいとればいいの?

20131116-120928.jpg

先日、高校の新人戦が行われました。

武生東高校はベスト8をかけて羽水高校と対戦しました。

結果は惜敗。思った以上に点差も離れイトマン含め武生東はみんなガックリ。

僕も試合にかけつけることができず、電話で結果を聞いて残念でした。

 

その後、イトマン先生に試合の詳細について報告を受けていたときに、

ふとイトマン先生が「速攻って全体のどのくらいがいいんやろうの~」と一言。

僕もそれについては改めて考えてみたいなと思い、

さっそくエルトラック谷口コーチにお電話し、ご教授頂きました。

 

 

みなさん、速攻と一試合の得点ってどのような割合だと思いますか?

 

 

だいたい全体得点の2~3割だそうです。

 

 

ロデオは、粘り強いディフェンスから速攻が強みのひとつですが、

そういうチームでも結果のスタッツからみると、

その割合はあまり変動しないようですね。

 

逆に言うと、全体得点の3割が速攻での得点であれば、

速攻での得点が10点しかなければ、全体得点は30点ほどにしかならないということ、、、

なんです。

 

2割としても、全体の得点は50点。

 

これって結構、リアルな数字のように思います。

 

だから、やっぱり勝つために得点が70点以上ほしいロデオにとって、

速攻での得点は少なくとも20点はほしいということ。

1Q換算で、5点ですね。

目標にするには、よい点数に思います。

 

速攻は得点のバロメーターなんですね。

確かに、速攻がよく出る試合は、得点ものびているような実感がありますね。

反対に、速攻が出ない試合は、得点そのものがのびない。

 

当たり前のような話なのですが、

改めて速攻が勝利のキーポイントなり得ることを学ばせてもらいました。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s