パッシングの原則 その4

1)パッシングのはじまりと終わり

パッシングの始まりは「動きありき」。カッティングの動きからプレーは始まる。では、パッシングの終わりはどこか?多くの人は「シュート」と答えるかもしれない。確かにそれで正解なのだが、よりよい答えとして「リバウンド」があげられるだろう。どういうことか?
パッシングは人とボールが動きまわり、ディフェンスをかく乱させるのが狙いなので、オフェンスがシュートを打つタイミングでは、もはやディフェンスはバタバタの状態になっている(はず)。そのシュートに対してオフェンスは動きをとめないで、あたかも「その後もプレーが続いているように」動き続けると、流れよくリバウンドポジション(相手より前)に入ることができる。
パッシングの強みのひとつとして「オフェンスリバウンドのポジションがとりやすい」ということは、意外と忘れやすいので注意してほしい。

2)パッシング習得は基本的技術の習得

先週の練習で、パス展開のマイナスエックスからプラスエックスについて説明した。それというのは簡単に言えば、ただの「ボールミート」である。小さいころから「ボールミートは大切」という指導を受けてきたと思うが、昨今のドリブル技術の向上により、それを忘れているプレーヤーが多い。ボールミートからの正確なフリーフットの使い方(ピポッド)がパッシングでは必要不可欠だ。
またパッシングのメインプレーとなるパスは、バスケットボールの基本中の基本であり、ドリブルができなくてもパスができればバスケットはプレーできるが、パスができないとバスケットはプレーできない。パスの種類は、ショルダーパス、チェストパス、ワンハンドパス、バウンズパスといったくらいでシュートと比べ、数は多くない。それゆえに使い方を軽視されがちだが、ターンオーバーのほぼ6割はパスミスである。正しいパス技術が勝敗をわけると言ってよい。

3)勝敗の分かれ目はリバウンドとパス(ミス)

ロデオの対外試合、武生東の対外試合をデータ分析しはじめて、2・3カ月になる。まだまだその質は低いが、結果から確実に1点、読み取られたポイントがある。誰がどうみたってそうにしか見えない内容だった。
それは「リバウンドとターンオーバーが勝敗をわけている」こと。これらはシュートの本数に直結し、シュートの本数は、それがそのままに得点として反映される。前回のグリフィンズ戦では、シュート確率がロデオのほうが高いにもかかわらず、本数で1.5倍の数字となったせいで苦杯を飲んだ。前述したが、分析結果からターンオーバーの6割(ひどいときは8割)はパスミスだ。その内容については次回以降解説するが、パスの原則を忘れてしまっているのが一番の原因だ。
パスは「相手がここでほしいのが確認できた(間違いない)から、自分はそこに最も取りやすいパスの種類とスピードをもってボールを投げる」動作であって、「味方がこう動くだろうから、とりあえず投げとくか、ポーイ」ではミスになる。アホ見たいな話だが、そういった自分勝手なご都合パスがパスミスの9割と言っていいだろう。

そのような細かい点を見直すために、パッシングはとてもいい材料になる。だからこそ難しいオフェンスだが、得るものはその分大きいだろう。

パッシングの原則 その3

パッシング上達のすすめ

「うまくいかないときを知れ」

うまく人とボールを動かし、瞬間的なノーマークをつくりたいのであれば、いつがうまくいかないのかを知るとよい。いつボールはとまるのか?いつ人はとまるのか?いつ流れはとまるのか?

①フラフラっと動く
②全員がリングカットばかりする
③ドリブルのことを忘れる
④シュートのことを忘れる
⑤「とめてる」のはなくとまってしまっている

①動きの原則は「点から点へ」である。「点から面へ」といったほうがわかりやすいかもしれない。マークマンを振り切り、瞬間的にバッと手をひろげてボールをもらいにくる。この「バッ」が大切。これが「ばぁ~」では、マークマンを振り切れないしパスも入らない(正確にはパスカットが怖くて入れられない)。誰でも二、三回なら続けてできるが、これを40分を通して徹底するのは至難の業だ。

②「はじめに動きありき」がパッシングの原則である。その中でも基本の動きはカッティングだが、全員がこればかりをすると、ボールが入らなかったときにつなぐ人間がいなくなる。結果的に、人だけ動いてボールが動かないオフェンスになってしまう。ワンカッティングダウン(リングカット)、ワンカッティングアップ(つなぎのカッティング)が原則だ。できれば、そのふたつはハサミのようなかたちを描くとオフェンスはよりダイナミックになる。
20130803-224132.jpg

③パッシングオフェンスがパスだけで成立し、それがよりよいオフェンスであれば、全国の強豪チームはとっくにそうしているはずである。しかし、そうしているチームはどこにもない。パッシングだけではどうしてもパスが止まってしまうときがあるorその状態をつくりたくない、などがその主な理由だろう。パッシングにとって、ドリブルはときに非常に効果的に働く。それまでにパスで展開していればいるほどその効果は大きい。そのバランスは、後述していくが、まずは練習の中で肌で感じることが必要だ。

④パスをうけたらキャッチ&フェイス。必ずリングを見よう。そうしないと相手は簡単にパスを読んでくる。パッシンクは「相手に読まれたら終わり」だ。

⑤パッシングは連続性がキモであるが、野球のピッチングのように、いくら早くてもストレート一辺倒のような動きでは、相手に読まれ弾き返されるのが関の山だ。相手のタイミングを外すために、スピードを緩めた動きや全く動きのない(つまり完全にとまった)動きも必要になる。で、大切なのは、自ら止まったのか、それとも止めるつもりがなかったが相手ディフェンスによって止められてしまったのかである。この緩急をうまくコントロールできたプレーは、バスケットやサッカーでは「よく収まりが効いたプレー」と表現される。また、どうしても流れが止まってしまった場合は、自分で止めているという顔をするのも大切なことだ。あなたが考えている以上に相手はあなたの顔色を伺っているものだ。

以上

パッシングの原則 その2

1)相手になれば見えてくる、パッシングオフェンスの「怖さ」と「怖くなさ」。

皮肉なことに、相手から見た方が「本当の姿」がよくわかる。例えば、自分よりも「自分」のことをよくわかっているのは、奥さんや彼女や家族、仲間だ。そこで今回はパッシングオフェンスを、一度簡単に相手(ディフェンス)の立場から見てみよう。そうすることで、パスで崩されることの「怖さ」と、そうでもない部分(怖くない部分)が見えてくるかも・・・。

2)「オフェンスありき」になる危険性。

あなたはディフェンダーだ。相手はパッシングオフェンスをしかけるチーム。さて、どういうプレーをしてくるのか、、、。

さっそく相手はパスをまわしてきた。ボールと人が動き、自分のマークマンもボールをつなぎに動く。ボールを持った。・・・あれ、こいつ、まわりしか見ていない。あ、パスした。(次の瞬間)思いっきりパスラン!?危なっ!!振り切られるところだったぁ〜。あ、またボールをつないだぞ。・・・ん、また味方だけ見ている。こいつシュートを考えてないのか・・・?

相手ディフェンスにとって一番怖いのは「得点されること」である。つまり、シュート、ドライブ、カッティングが、ディフェンスには脅威。対して、ディフェンスにとって最も心安らぐプレーが「パス」である。意図がないパス。これはディフェンス全員にとって怖くない。

前回話したように、パッシングオフェンスは得点のための手段である。バスケットは美しくボールをまわしたところで得点にはならない。しかし、パッシングオフェンスを失敗したチームを見てみると、どうもみんながこのことを忘れてしまうのだ。「自分たちがいかに美しく動きまわるか」で頭がいっぱいになってしまう。これがパッシングオフェンスを取り入れたチームが陥りやすい最初の失敗である。これには十分注意したい。本末転倒になってはならない。

3)3つのカッティングは、ディフェンス位置で判断し、的確に急所をつくべし。

いつどこでかの記憶かは曖昧だが、石崎巧がオフェンスについてインタビューにこう答えている。

「オフェンスの動き方なんて考えなくていいんです。ディフェンスがどう動けばいいか教えてくれるから。」

これは、マコトにマコトに普遍的な真理である。オフェンスは原則として「ディフェンスありき」。パッシングオフェンスの原則は「まず動きありき」だとは前回記したが、その「動き」はディフェンスの位置によって決めればよい。ディフェンスがノーマルなポジションをとっているなら、必ずフロントカット。インラインをよりボールサイドよりに守っているのなら、バックカット(ディフェンスの裏)。アクセントを加えたいのなら3人目のシャッフルカット。この3つがパッシングオフェンスの動き作りの基本なので要チェックしてほしい。

バスケットは、オフェンスが前向きでディフェンスが後ろ向きでプレーする以上、オフェンスが絶対に有利である。基本的にディフェンスは、表か裏かどちらかしか守れないわけで、そこを的確に判断し、常にポジションを優位な位置にとれば、それがよいオフェンスにつながる。

4)相手ディフェンスに余裕があるか?あったらオフェンスの負けは必至。

こいつ、味方しか見てないと思ったら、おれの動きをよく見てやがる・・・!いいタイミングカッティングするから、こっちが味方にカバーにいく余裕が全くないぜ。

と相手ディフェンスに思わせられるか、

こいつ、さっきから動きのパターンがいっしょ。どうもチームの動きが決まってるんだな。よし、ならいっちょ先まわりしてターンオーバーでも狙ってやるか・・・。それ、いまだ!!ヨッシャー!

と思わせるかは、かなり大きな違いである。

うまいオフェンスの動きは、相手の余裕を奪い、「チームとしてのディフェンス」をさせない。オフェンスとしては、局部的にでよいので、カバーできない動きを心がけること。それがパッシングオフェンスには大切だ。それがやがて「ディフェンスを動かす」意識につながっていく。

5)原則を理解している → 臨機応変に動くことができる。

自分たちのチームで簡単なベースの動きがあったとしても、常に頭の中では臨機応変に動けるよう準備しておこう。それが相手ディフェンスからみると脅威につながる。というか、そうでないとただのナンバープレーに成り下がってしまうのがパッシングオフェンスの弱みだ。明成や洛南では、基本原則の理解とその体現を徹底することに、一番多くの時間がかけられているそうだ。パッシングオフェンスの最大の強みは、「臨機応変なプレーの連続生産」である。同じような動きを繰り返したところで、いずれそれは通用しなくなってしまう。

今回のまとめとして、これまでの原則を再度確認しよう。

  1. パッシングオフェンスはあくまでも手段。

  2. パッシングオフェンスがつくりだすのは、ディフェンスの遅れ。それが大きいものを「ノーマーク」という。ノーマークまでいかなくても、一瞬の遅れを作り出し、それを見逃さずアタックする。

  3. 「まず動きありき」。全力のカッティングからすべてが始まる。

  4. オフェンスの動きは「ディフェンスありき」。自己満足なオフェンスでは、ディフェンスの遅れは生み出せない。

  5. カッティングであいたスペースを、全速力で埋めに来るときに「展開」が生まれる。点から点へ全力で走る。

  6. 相手に余裕を持たせるな。相手に自分以外を守らせるな。

  7. 常に原則を忘れない。臨機応変なプレーは、原則からのみ生まれる。

パッシングの原則 その1

参考:佐藤久夫先生 籠久モーションオフェンスDVD

参考:洛南高校(2012年)、明成高校(2006年)のウィンターカップ

 

パッシングの原則

 

1) パスしたら、パサーはトップスピードで切れる(全力でパスランしよう)。

「最初のパスランの全力ダッシュが、後のオフェンスの展開力(動き)を生み出す。」オフェンスをより速く、大きく、ダイナミックにするためには、最初のパスランを全力で行うことがなによりも大切だ。また、そのときに、パスランする選手はディフェンスの前を切れよう(フロントカット)。相手の前を切るのは強いプレーをするには絶対に必要なことだ。次に相手がその動きを読んできたら裏(バックカット)をする。そしてそれを相手が読んできたらまた前を切れよう。そういった駆け引きを確実に行いながら、「自分が全力でパスランすることで、チームに大きな原動力を与えるんだぁ〜!!」という思いを持ちながら徹底しよう。

 

 

2)「動いてできたスペースを、次の選手が埋めにくる」のが、パッシングオフェンスの原則。

パスランをしたり、ドライブをしたり、カッティングをしたあとに、そのあいたスペースを次の選手が埋めにくる。これがパッシングオフェンスの大大大原則だ。「まず動きありき。そしてそのスペースに飛び込む」のがよいパッシングオフェンスの動きだ。これは「スペースがあってそこに動く」とは少しミュアンスが異なる。「まず動きありき」なのだ。まず動きありき、まず動きありき、まず動きありき、まず動きありき、まず、、、

 

 

3)故に、積極的で全力の空(から)カットは、「最も称賛されるプレー」だ。

チームの全員が最も褒め称えられるべき、褒め称えてほしい動きは「空カッティング」だ。空カッティングは、ボールをもらうことよりも、そのあとにチャンスを作り出すための、言わば「ツリの動き」。自分が相手をひきつけることで、味方に得点させるという「貢献の動き」だ。一発で決めにいこうとしても、なかなかチャンスはつくれない。だから、全員が1試合を通して空カッティングを積極的に行ってほしい。終盤まで徹底してそれができる選手が多ければ多いほど、間違いなくそのチームは強いはずだ。大きな声で、瞬間的で爆発的なスピードで、思わず味方がパスをいれたくなるようなカッティングをしてほしい。それでこそツレるってものだ。

 

 

4)動かすのは「ボール」と「人」、、、なんだけど、それって結局「ディフェンスを動かす」こと。

3)で記したようにカッティングを基本として「人」を動かす。では、ボールはどのように動かすのか?キーワードは「上下左右」。上下というのは、インサイド・アウトサイドを、左右というのは、コートをサイド幅を意味する。つまり、インサイド・アウトサイドとボールを出し入れさせながら、さらに左右にボールを展開する。カッティングやつなぎを交えながらそれを行う。するとよいオフェンスができる。春工戦では、そういったプレーが何回かあった。みなさんも「これか!」と体感できた瞬間があったと思う。

「そうか〜ボールと人を上下左右にかぁ〜」と、ここで考えを終わってしまうとどうしても自分たちの動きばかり気になり、オフェンスの本質を忘れてしまう。パッシングを取り入れてもうまくいかないチームが多いのは、ここに問題がある。確かに、動かすのは人やボールなのだが、結局は「相手ディフェンスを動かしたい」のだ。「オフェンスのプレーはディフェンスによって決まる」。これは、現日本代表、石崎巧の言葉だ。確かにそうだ、いつだって私たちの目の前には、私たちの動きを止めようと必死になっているディフェンスがいる。そのディフェンスをいかに手玉に取るか?そのために上下左右振るのだ。だから、ディフェンスを想定した練習でないと意味がない。そうでないと絵に描いた餅になってしまう。

 

 

5)パッシングオフェンスはあくまで手段。ディフェンスの遅れをパスまわしでつくり出す手段。

なぜ、あなたはパッシングオフェンスを選択したのだろう?それはパスが好きだからかもしれないし、ドリブルの1on1が苦手だからかもしれない。チームで得点することが面白いからかもしれない。理由は様々だろうけど、オフェンスの目的はいつだって変わらない「得点する」ことだ。できれば(ゴール下の)簡単なシュートで終わることがオフェンスの理想だ。その手段として、パッシングはパスを効果的に(上下左右に)回し、ディフェンスを揺さぶことで以下の2つのこと生み出しやすい。「ノーマークの状態」と相手ディフェンスの「瞬間的な遅れ」。そしてそれが「いまのはシュートやでぇ〜!」とか僕らがよく言うあの「攻めるべきタイミング」。で、そのタイミングでシュートを打つと、あら不思議、よく入る、ということだ。

 

 

※次回以降 「オフェンスはなにをみてプレーを判断すればよいのか?」

※次回以降 「モーションオフェンスとパッシングオフェンスは違うのか?」

※次回以降 「なぜ全日本はパッシングオフェンスを取り組まないのか?」

※次回以降 「動かそう動かそうとすると、うまく攻められないのはなぜか?」

※次回以降 「パッシングオフェンスの強みと弱点。」

※次回以降 「パッシングオフェンスにはスクリーンは必要か?」

※次回以降 「カッティングの種類」

※次回以降 「カッティングに対してパスはどう出せばよいか?」

一週間

くらいのスパンを更新期間として、これからはちょっと長めの記事にしていきます。

特に、今回ロデオの課題であるハーフコートオフェンスを題材とします。

チームの共通理解(までいかなくてもひとつの知識)として、役に立てればと思います。

ゴールドスタンダード

アメリカでは、チームとして、輝く将来のためにいまどうすればよいか、という行動標準(スタンダード)をしっかりと記するのが習わしだ。

その中でも、北京オリンピック、ロンドンオリンピックで金メダルを獲得したマイクシャシェフスキー(コーチK)のアメリカ代表とDUKE大学のスタンダードは、その素晴らしさ故、「ゴールドスタンダード」と名付けられる。

今週はこれらの勉強を行った。そこで今回、コーチKのスタンダードをもとにロデオスタンダードをつくってみた。

DUKEでは20個以上あるスタンダードだが、ここでは15人の選手とプラスワン(みんなの家族 応援してくれる人)という意味で、厳選しアレンジしたものを16個あげた。

ぜひ、一読して頂きたい。

 

 

 


01)私たちの強みは、素晴らしいディフェンスと泥臭いリバウンド、流れるような速攻である。これらは一生懸命さからのみ生まれることを私たちは知っている。

02)私たちは自分たちの力を信じる。私たちは仲間の力を信じる。お互いを支え合う。そこがコートの外であるか内であるかは関係ない。

03)私たちはチームの問題にすぐに向き合う。現実に目を向け、変わることを恐れない。何事も長引かせない。

04)私たちはお互いの目をみて話す。迷わず、恐れず真実を伝える。

05)私たちは言い訳をしない。自分の弱さに正面から立ち向かう。チームの勝利のために必要な行動をとる。

06)私たちは勝利を呼び寄せる面構えをする。弱みを顔に出さない。

07)私たちはお互いが信頼される存在になる。そのための努力は惜しまない。あくまでチームは個の集合であることを自覚する。

08)私たちは共に負け、共に勝つ。共に悲しみ、共に喜ぶ。

09)私たちは熱い気持ちを共有する。熱い気持ちこそが、よい練習、よい試合をつくりあげる。

10)私たちは敬意をもつ。仲間との時間は守るし、どんな相手との試合でもよい準備をする。

11)私たちは柔軟性をもつ。いなかるときも「次にどうすればよいか」を考える。私たちは現状に対する不満からは何も生まれないことを知っている。

12)私たちは知性をもつ。よいシュートを つ。ファールの数を覚えている。スカウティングレポートを覚えている。

13)私たちはコート内外で自分がチームを代表している。他人は自分の行動がチームの行動として評価することを自覚している。

14)私たちは利己的にならない。自己満足なシュートではなくチームにとって必要なパスを選択する。自分の価値はプレイングタイムではないことを知っている。

15)私たちは「この」ロデオドライブである。時は今であって、過去ではない。

16)私たちは家族であり、互いが誇るべき存在である。互いに許し、互いに歩む。

おれはこれを壁紙にするんだ。

ipadmini

※ipad mini, Android携帯用

すけさんのためになにかやろうと思うなら、

想うだけでなく行動すること。

行動せずに何かが変わることはないから。

これからの半年間、すけさんの分を全員で割って0.1人分多く努力しよう。

それを、すけさんが復帰するまで必ず続けよう。

みんな、ここでキモチみせてみろや。

iphone5

※iphone用

頭でっかちになっていないか?

「理屈では正しいけど、使えない」

そう言われることが多かった、若かりし頃。

そんなことってあるの? そう思ってた。

しかし、どうもそんなことは、ある。ようだ。

そこらへんを勘違いすると、頭でっかちなバスケットマンになってしまう。

もし、頭が重くなってきたら、こういうことにトライしてみる。

「理屈ではめちゃくちゃだけど、使える」

実は、そんな一手が人生を変えたりする。

だから、おもしろい。

君は弱くないよ。

弱いやつは本当に弱いのか?強いやつは本当に強いのか?

「強くなりたいのであればどうすればいいのか?」

その答え探しをしている。

見つからんだろうと、半ば諦めながら。

で、ひとつわかった。

弱いやつは、自分が弱いと思ってる。自分で弱いと決めつけている。

「負けるとだれが決めたんだ?」

強いやつの口ぐせ。

あーそうか、君は君自身に諦めていないんだね。

道理で強いはずだ。

そう思った。

僕らはいつしか自分が弱いんだと決めている。

頼るべき、自分自身で。

もう一度ここらを考え改める必要がある、強くなるために。

ロデオは本当にグリフィンに勝てないのか?